緊急事態時に油断する日本人

最終更新: 1月12日

昨日7日、1都3県に緊急事態宣言が出されました。


さて1都3県にとどまるでしょうか??


これからの状況をよく見張る必要があります。




日本人が初めてコロナウィルスに感染してから約1年が経過しました。



人間は良くも悪くも慣れる動物で、最初は「怖い!」と思っても暫くするとその感覚は麻痺してしまいます。



特に私たち地方の人は正直、感覚が鈍いです。



脅迫するつもりは全くありませんが



この1月のコロナ感染者次第で今後の日本が更にガラリと変わってくると思います。



歴史的に見ても人類が人生を変えられてしまう、どうしようもない局面が70~80年単位でやってきています。


コロナ禍の前は第二次世界大戦がそれにあたるかもしれません。

それくらいヤバい状況なんです。



本気でそう思えた人は直ぐに仕事を変え、住む場所を変えるでしょう。


行動が変われば結果も変わりますからね。


ですが分かっていても動けないのが人間なんです。。。


大半の人に今それを意識しろというのは無理でしょう。


数年経ってコロナが時代の風物詩となった頃に初めて「ヤバい時期だった」と気づくのでしょう。




世界的に見て日本人が何故かコロナに感染しにくいという事は



毎日の報道を見ても何んとなく皆さん気付いていると思います。





以前のブログで言いましたが👇


コロナウイルスに思うこと


確かに日本人は世界的にも感染しにくい安全な生活をしていると思います。




しかし、日本人が特別だという意識はかなり危険です。



大勢の意識はバイアス(偏見・偏り)を呼び、パンデミックの引き金にもなりかねません。



油断大敵。



マスク・手洗い・消毒・不要不急の外出を控えてを徹底。


良い食事を心がけ元気を保ちましょう!










999-3166

山形県上山市

久保手3295

ぶどう本来の味を

ORAHOBUNDO 

  • Facebookの - 灰色の円
  • Instagramの - 灰色の円
  • Twitterの - 灰色の円

(C) ORAHOBUNDO  All Rights Reserved.